大陰唇の黒ずみを解消するなら自宅で対策できるイビサクリームがおすすめな理由

大陰唇の黒ずみは、普段の生活では他人の目に触れることはあまりないとは言え、
親しくなった異性や、一緒にお風呂に入った友人などに見られてしまう恐れはあります。

 

そのため大陰唇の黒ずみを解消したいという人が多いのですが、
他人に見られたくない部位ということで、自宅でできる対策を望む人は少なくないでしょう。

 

私も大陰唇の黒ずみで悩んでいたのですが、
何でも話せる友達に教えてもらったのがイビサクリームでした。

 

大陰唇 黒ずみ

 

イビサクリームがおすすめの理由としてまず挙げられるのは、
黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑制するトラネキサム酸と、

 

肌荒れを防いでお肌の状態を向上させるグリチルリチン酸2Kという、
方向性の異なる2つの有効成分の働きにより、

 

黒ずみの少ないきれいなお肌を手に入れることが期待できるという点です。

 

またそれらの成分に似た働きをする、4種類の植物由来成分や、
8種類の保湿成分を配合しているという点も、より高い効果が望めるのでおすすめの理由となります。

 

大陰唇 黒ずみ

 

無添加で製造されているため、デリケートな大陰唇にも安心して使用することができます。

 

さらに、イビサクリームは公式サイトで通販すると今なら割引キャンペーン
28日返金保証まで付いてくるので確認してみましょう。

 

大陰唇 黒ずみ

大陰唇の黒ずみの様々な原因とは?

大陰唇 黒ずみ

大陰唇の黒ずみとして原因は色々あります。

 

どうしても皮膚がうすい部分ですので、刺激を受けやすくなります。
どのような刺激を受けるかというと、やはり下着による毎日の摩擦が多いです。

 

それに加えて女性は生理があるので、生理中のナプキンによる刺激もあります。
ナプキンはむれやすくなるので、更に肌へのダメージは強くなり摩擦を受けやすくなる状態です。

 

化学繊維の物は刺激をうけやすいので、下着の素材を選んであげることも大切です。
綿が肌に優しいと思います。サイズもあまりきつい物は選ばない方がいいでしょう。

 

また、陰部周りは脱毛を希望される方が多いとは思います。
脱毛によりメラニン色素が生成されてシミや黒ずみになる事も多いにあります。

 

メラニンはホルモンバランスの崩れによっても沈着するので、やはり黒ずみの原因にもなりやすいです。
どうしても普通に生活していらば、摩擦が起こりうるので黒ずみになってしまいます。

 

ですので、悩んでいるならデリケートゾーン黒ずみ対策ができる
イビサクリームを試してみてはいかがでしょうか。

 

大陰唇 黒ずみ

大陰唇の黒ずみを解消できるケアクリームの効果を実感できた口コミ

大陰唇 黒ずみ

私は若い時から大陰唇の黒ずみを気にしていました。

 

あまり見られる場所ではありませんので、気にしないでおこうとも思いましたが、治せるものなら治したいと思うようになりました。

 

しかし、デリケートな場所ですので誰にも相談することができる訳でもなく悩んでいたところ、ケアクリームの存在を知りました。
あるインターネットの口コミサイトで、大陰唇の黒ずみを解消できるケアクリームの効果が書いてあったのです。

 

私と同じ悩みを持っている人がたくさんいることにまずびっくりしました。
そのケアクリームを使ったら症状が無くなったという声が多かったので、試しに使ってみることにしました。

 

通販で購入することができますので、誰にも知られることなく手に入れられるのが嬉しかったです。

 

いざ使ってみると、においのない普通のクリームでしたので、本当に効果があるのか半信半疑でしたが、
使い始めてから10日ぐらいすると黒ずみが目立たなくなりました。

 

これからは大陰唇の黒ずみに悩まなくてすむので本当によかったです。

 

大陰唇の黒ずみに悩んでいるなら、イビサクリームを愛用している人の
口コミや体験談を公式サイトで確認してみましょう。

 

大陰唇 黒ずみ

大陰唇の黒ずみは皮膚科で治すことはできるのか?

気になる大陰唇の黒ずみですが、皮膚科に行って安全に治すことができます。普通に生活していれば黒ずんできてしまうものです。
メラニンが色素沈着することが黒ずみの原因です。

 

メラニンが沈着しても、ターンオーバーによって自然と垢となり、排出されるのです。
しかし、必要以上の摩擦やホルモンバランスの乱れによって肌のターンオーバーも乱れてしまい、色素沈着してしまいます。

 

皮膚科でできる黒ずみ解消方法は、保険の適応の塗り薬もありますが、それ以外は自由診療となってしまいます。
ハイドロキノンはメラニン色素の活動をブロックする効果があるので、ある程度は治すことができます。

 

しかしハイドロキノンは漂白効果が強力なので、副作用の危険もあります。

 

安全にほとんどの黒ずみを解消することができるのはレーザー治療です。

 

レーザーでメラニン色素の細胞を破壊することでターンオーバーの働きで垢として剥がれ落ち、黒ずみの解消になります。
複数回通院が必要ですが、肌に負担なく治療することができます。

大陰唇の黒ずみを美容整形で解消する時の治療法や費用について

他の人になかなか相談することが出来ない大陰唇の黒ずみについて、悩みを持つ人は少なくありません。
そこで、美容整形クリニックで行われている治療法として多いのが、レーザー治療と呼ばれるものです。

 

黒ずみの原因となるメラニンをレーザーを照射することで除去するというもので、クリニックによって若干の違いはありますが、
1回1万円程度という費用設定をしているところが多いようです。

 

効果を得ることが出来るまでには、6回から12回程度治療を受ける必要があります。

 

また、肌の新陳代謝を促すことで、黒ずみを軽減させる方法として、ケミカルピーリングという方法があります。
古い角質を取り除く事により、きれいな肌を得ることが出来ます。

 

費用は1回2万円から4万円程度であり、5回から10回程度治療を受ける必要があります。
治療頻度については、2週間から3週間に一度のペースで行なわれます。

 

大陰唇というデリケートな部位に対する治療ですので、
治療を受ける際には、医師としっかりと話し合うようにしましょう。